スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のスポーツはどこへいく?

Periodico_Asahi
6月6日(金) 朝日新聞より


オリンピックが2ヶ月後に迫ってきて、

いろんなスポーツを見たり、聞いたり、話題にしたりすることが多くなった。


バレーボールが、見事に男女ともに出場権を獲得したのは記憶に新しいけど、

チームスポーツは、オリンピックに出場することだけでも、

けっこう大変なんだってことも、だんだん知られてきたように感じる。


もちろん個人競技だって、決勝に残る人はごくわずかで、

たとえば日本の競泳選手陣が、決勝レースに残って泳げることは、本当にスゴイことなんだ。


スポーツの世界の中心にいる選手たちの活躍を見て、

私たちは、喜んだり、悲しんだり、感動をもらったりしている。


けれども・・・


中心にいるように見える選手たちも、

試合や遠征、トレーニング環境は、すべて「日本○○連盟(協会)」に委ねられている。



6月6日の朝日新聞の記事を読み、日本のスポーツ界の問題というか、

スポーツ界を動かしている方々の意識や考え方への疑問が湧いてきてしまった。

いや、以前から感じていることでもある。


日本バスケットボール協会の内紛騒動とJOCの措置への対応、

日本水泳連盟のスピード社水着に対する対応や記者会見でのコメント、

記事にある、日本ハンドボール協会の今後の課題などを見ても、

何かしっくりこない。



よく、「テレビに出ればメジャーになるのに」とおっしゃる方がいる。

しかし一方で、報道されれば、「あいつは出過ぎだ。態度が良くない」とおっしゃる。

結局、どうしたいの? どういうビジョンを描いているの? 10年後の目標は?

と問うたところで、回答はないことの方が多い。


スポーツの世界は、年々レベルが上がっていく。

特にオリンピックスポーツは、世界中で磨き上げられた至宝の選手たちが集まってくる。

その中にあって、「センターポールに日の丸を!」なんてスローガンを掲げているのだから、

連盟や協会が、選手たちの最大の理解者となり、最良のサポートをしなくてどうする、と思わずにいられない。

スポーツにお金と時間がかかるといっても、あくまで主役は選手であって、連盟でも、スポンサーでもない。


本当に選手たちのことを第一に考えているか?


今こそ、強力なリーダーシップとマネジメントが、連盟・協会に求められている、と思う。
スポンサーサイト
プロフィール

JSPOCC

Author:JSPOCC
日本スポーツ文化創造協議会へようこそ!
スポーツで人をつなぎます。

FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。