スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエとスイーツの甘い関係

大人のバレエサロンでは、3ヶ月に1回のペースで、
バレエ作品を読み解く勉強会をしています。

今日のバレエ作品は、「海賊」。

ギリシャからトルコに渡る海賊たちのお話です。
異国情緒たっぷりの衣装やキャラクターダンスが面白く、
奴隷の売買をしていた時代ならではのストーリーです。

220px-Zecheng_Liang_-_Le_Corsaire_-_Prix_de_Lausanne_2010-6.jpg
<奴隷のアリがかっこよくて大人気!!>

もともとバレエというのは、王侯貴族たちの社交場で、
教養を身につけた紳士淑女たちが、
バレエ鑑賞の合間にコミュニケーションをとるところでした。

それにならって、うちのバレエサロンでも勉強会をしながら、
ティータイムにスイーツを頂きながら、おしゃべりをしています。

今日は、バレエサロンに通ってくださっている お料理研究家のFさん が、
ギリシャの伝統的なスイーツを作ってきてくださいました。

130321blog1.jpg
<ブガッツァというカスタードパイのようなお菓子>


薄い春巻きの皮のようなパリパリしたパイの中に、
あったかいカスタードクリームが入っているスイーツです。

お茶を入れてくれたのは、ハーブコーディネーターのCさん。
あま~いブガッツァに、
少し苦みのあるタンポポコーヒーという組み合わせで、
とてもステキな時間を過ごすことができました。

ダイエットに効くバレエと、
ダイエットの敵のスイーツ。

教養を身につけた女性たちが、
おしゃべりを楽しんだ時間は、
とっても甘かったです
関連記事

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JSPOCC

Author:JSPOCC
日本スポーツ文化創造協議会へようこそ!
スポーツで人をつなぎます。

FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。